“The Multiple Layers of Support” ”さまざまなサポート”

 

(Japanese follows)

Drop those T’s, elongate those vowels, make your ‘th’ sound like an ‘f’—you’re a Cockney now, Laura!

As an American from the Great Lakes area, natural Cockney English accents aren’t something I grew up hearing, let alone trying to use. From my high school days as a huge Renaissance Festival and theatrical combat nerd, clean English was the only real dialect challenge thrown my way. Preparation for that was simple, as I could get away with just copying some Harry Potter or Monty Python characters. For this production, however… hmm where can I hear some good, natural, modern Cockney? I’m not exactly sure what modern Cockney even sounds like, so what example should I use as a starting point? Furthermore, every time I attempt Cockney, it just reverts to clean English! It seems that accent got thoroughly stuck in my system.

Well, now what?

Luckily, “Gerry in the Attic” has more than enough UK expats involved to help the rest of us clean up our pronunciation and find useful, relevant examples. That’s the best part of having such a diverse cast and crew—with so many backgrounds and experience levels coming together for a piece, you’re never short of places to turn to for advice. It really helps make our production feel like family. Even more so, some of we cast and crew members have been with KPB Theatre for multiple productions, so we truly are a loving, dedicated community of artists.

 


Though with all the ranges of experience, with actors both new to KPB and several shows in, we’re all on a level playing field when it comes to singing. Our director/songwriter Steve takes a back to basics approach, breaking down the smallest pieces of vocal techniques. The biggest aspect he stresses is vocal support—breathing from the diaphragm, making sure your voice carries without sounding too breathy. Everything I’ve had in my head about musical theatre and singing in general is suddenly making so much more sense, and I have many “oh my gosh why hadn’t I thought of doing that before?” moments in each rehearsal.

We get our fair share of homework to do outside of rehearsal, in the form of breathing exercises, matching pitch, and of course learning lyrics, rhythms, and proper pronunciation (don’t drop that accent just because you’re singing!). It’s hard work, but we’re learning a lot. Even the most seasoned theatre veterans among us leave rehearsal each day with newly acquired knowledge.

We also leave rehearsals with quite a few sore muscles—this production has us working extremely hard on our dance numbers. If you thought a musical called “Gerry in the Attic” would only have slow-moving elderly characters, you thought wrong! We’re certainly being tested physically in order to get our bodies into peak dancing shape. With my prior dance and musical theatre training, I can tell I’ve fallen out of practice (or maybe never been pushed this hard before!) because I’m definitely huffing and puffing during our rehearsals. Gotta make sure we’re not winded during dances though, because come November we’ll be singing at the same time! We’d better add dance practice and cardio training to that pile of vocal homework…

There are many challenges to come in the next few months as we get closer to opening night, but I truly believe we will overcome them. How? Through SUPPORT.

We have to keep supporting each other in our character development, support our voices as we sing, and support our bodies by practicing regularly and training on our own. Perhaps a few knee and ankle supports would be a good idea too

But, there’s one final piece of this support system: you, the audience. Will you be there to support our production this November? We are so excited to share the culmination of all of our efforts with you! The thought of bringing this wonderful story to life in front of an audience definitely keeps us driven and determined. It’s the support of the community that makes all the hard work worthwhile.

We can’t wait to see you at Chikusa Playhouse in a few short months!

 

 

 

Tは発音しないで。母音はのばして。THの発音はFの音で。これからはコックニーなまりになるんだよ、ローラ! アメリカの五大湖周辺出身の私は、自然な英国コックニーなまりはあまり耳にしたことがなく、ましてやそのなまりで話したことなどありませんでした。 高校生の頃はルネサンスフェスティバルや殺陣が大好きだったので、英国標準英語だけは唯一挑戦したことがありました。 その練習は単純な方法で、『ハリー・ポッター』や『モンティー・パイソン』等の映画を観て発音を真似れば済みました。 ところが今回の劇に関しては、うーん、どこを探せば自然な現代コックニーなまりの良いお手本を聴けるのでしょう。 しかも、そもそも現代コックニーなまりがどういう音なのか、まったく見当もつきませんので、まず初めにどんな例を使ったらいいのでしょう。 さらに、コックニーなまりで話そうとする度に、また英国標準英語に戻ってしまうのです。どうやら、この話し方が完全に板についてしまったようです。 さあ、どうすればいいでしょう。 幸い、『ジェリー』のキャストの中には何人もイギリス人がいますので、私たちが発音を直すのを助けてくれますし、 便利で使えるお手本をたくさん聞かせてくれます 。 これこそ、様々な経歴や経験レベルを持つキャストやクルーが集まって一つの作品を創ることの最大の利点です。いつでも充分なアドバイスがもらえるのです。 お互いに支え合うことで、キャストとクルー全体が家族のような仲間となります。 しかも、中にはKPBシアターの一員としていくつもの作品に出演してる者もいるので、私たちは実に思いやりのある、献身的なアーティストの集まりであると言えると思います。 今回のミュージカルには全くの新人からベテランまで、経験値の異なるキャストが出演しますが、ボーカルトレーニングに関しては、皆同じレベルで合わせて練習しています。 我らの演出家であり作曲家でもあるスティーブさんは、ボーカル技法を分かりやすくかみ砕いて、基礎からみっちりと教えてくれます。 スティーブさんが特に重視している点は、ボーカルサポートという、横隔膜をしっかりと使って呼吸し、声がはっきり通るようにすることです。 今までに私が身につけた、ミュージカルと歌唱全般についての知識が、突如クリアになり腑に落ちるようになりました。 毎回リハーサルで、「あぁ、なんで以前はこれをやってみようと思いつかなかったんだろう」と感じる瞬間が何度もあります。 当然ながら、私たちはリハーサル以外でも、発声練習、ピッチの調整、歌詞の暗唱、リズムや正しい発音の習得など、自分で取り組む課題を与えられます。 (歌いながらも、コックニーなまりは忘れないこと!) 努力が要りますが、本当に多くを学んでいます。 どんなに経験を積んだベテラン組のキャストでさえ、リハーサルを終える度に何かしら新たなことを見につけて帰ります。 また、リハーサルから帰る時はそれだけではなく、筋肉痛もお供します。今回のミュージカルのために、私たち全員がかなり必死でダンスに取り組んでいます。 『ジェリー』というミュージカルが、のんびりした老人キャラクターしか登場しない作品だと思ったそこのあなたは、甘いです! 私たちは、ダンスに最適な身体へと自分を鍛えるために、日々新たな挑戦を続けています。 これまでもダンスやミュージカルの稽古をしましたが、身につけたことがすっかり抜けてしまいました。(あるいは、これほどまでに試されたことはないかもしれません)今回のリハーサルでは息切れしながら相当努力しているのは間違いありません。 とにかくダンスだけでつぶれないように鍛えなくてはなりません。11月には踊ると同時に歌わなくてはならないのですから。 そろそろ、ボーカルトレーニングの課題にダンスとエアロビトレーニングもつけ加えた方がいいかもしれません…。 今後の数ヶ月間、開演に近づくにつれて多くの試練にぶつかると思いますが、私たちは皆で乗り越えていけると信じています。 どうやってって? お互いに支え合える、サポーター同士となることでです。 演じる役になりきるために仲間と助け合い、歌うのに声を支え合い、日々継続して各自トレーニングすることで身体を支えます。 ひょっとしたら、ひざと足首にもサポーターが必要だったりして。(笑) でも、もう一つ大切なサポートが必要です:それは、あなた方観客の皆様です。 今年の11月、私たちの劇を観に来て応援していただけませんか? 私たちは努力の集大成を観客席の皆様と共有できることに胸を踊らせ、心待ちにしています。 皆様の目の前で、この素敵な物語に息を吹き込めると考えるだけで、私たちが前へ進み続ける原動力となります。 皆様一人ひとりからのご支援こそ、私たちの取り組んできた成果を有意義なものにしてくれます。 あと数ヶ月で、千種小劇場にて皆様とお会いできる日を心よりお待ちしています!

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

April 18, 2017

February 7, 2016

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags